手軽に業務報告ができるビジネスチャットの可能性

HOME>記事一覧>業務報告はチャットで円滑に!〜スピーディーな仕事術〜

業務報告はチャットで円滑に!〜スピーディーな仕事術〜

吹き出し

新しい連絡手段

業務において基本となるのが、報告・連絡・相談といわれるホウレンソウです。これをスムーズにしていくことで、業務の効率化が図れますし、社内コミュニケーションを深めることができます。以前の連絡手段としてはメールがメインとなっていましたが、最近ではチャットを使った方法に移行する企業が増えています。業務報告の共有化もスムーズにできますし、無駄を徹底的に見直すことができるでしょう。ビジネスチャットは、いろいろなサービスがありますので、ニーズに合わせて最適なものを選んでいきましょう。

ツールの違いを比較!

チャット

まるで会話をしているようにテキストや画像を送り合うことができます。堅苦しいビジネスマナーが尊重されるツールでもないため、手短に用件だけをダイレクトに伝えることができて効率性に優れています。

メール

近年ビジネスの間で主流となっている方法です。先方のメールアドレスさえわかれば、世界中どこでもいつでも用件を伝えることが可能です。ただし、ビジネスマナーが必要とされます。

馴染み深いツールになっている!

スマートフォンユーザーの爆発的な拡大によりプライベートの交流ツールとしてチャットアプリが急速に普及しています。その流れの中で、ビジネスでもチャットツールをメインに置いている企業が増えています。チャットはスムーズに意思疎通ができますし、とくに若い世代にとっては既に馴染みのツールになっています。そのため従来のツールよりも、スピーディーに仕事を進めていくことができるのです。

チャットで得られる利点・4選

チャット

気持ちが伝えられる

メールでは形式的な文章になってしまいがちですが、チャットならもっと気軽にコミュニケーションがとれることが魅力です。スタンプ機能もあり、スタッフ同士で親睦を深めることに一役買っています。

即時性がある

リアルタイムで更新されていくため、スピード感のあるやり取りが実現可能です。複数で同時に情報をキャッチできますし、音声通話やビデオ通話といったサービスを利用することもできます。

コストが安い

イニシャルコストが無料で利用できるツールもあり導入しやすいです。無料版もありますが、いろいろな制限があります。いずれにせよ、まずはトライアル版を一度試してから運用することで、実際の雰囲気をチェックでき、リスクを回避できます。

タスク管理ができる

業務報告や予定管理など、さまざまなタスク管理や進捗状況の共有化が簡単にできます。自宅のパソコンやスマートフォンにアプリを入れば、社内外でも使えますので、より利便性が広がります。